Current and Past Exhibition is below.


LAMIA PRESS EXHIBITION

- Featured by Alfonse Inoue -

レイミアを主宰している江副氏のコレクションを展示、併せて、 レイミア プレスより出版された銅版画家アルフォンス・イノウエ氏のカタログレゾネを販売予定(定価¥37,500-税抜き)。 その他、既刊の作品集も数点販売予定。※10/6(日) 15:00~16:30 レイミアプレス 江副庄之助 好きな本を美しく出版したい トークイベント開催予定。

会期:2019/10/6(日)〜10/19(土) 13:00〜18:00 ※19:00~24:00も閲覧可能ですが、オーナー不在の場合がございます。詳細は、ウェブサイト右手のfacebookページよりご確認ください。     木曜定休

Hiromi Sato Exhibition by pen drawing

- beyond the conclusion vol.2 -

昨年個展に引き続き、鉛筆作家Hiromi Satoの新作展。マニエールノワール的描写をお愉しみ下さい。

会期:2019/9/8(日)〜9/21(土) 13:00〜18:00 ※19:00~24:00も閲覧可能ですが、オーナー不在の場合がございます。詳細は、ウェブサイト右手のfacebookページよりご確認ください。     木曜定休

水曜荘 酒井徳男の歩み

-趣味と人生 -

戦後まもなく、個人出版社として活動した水曜荘主人、酒井徳男の処世哲学を、彼が生前に装幀を施した書籍を参考に考察する展示です。 刀の鍔を表紙にはめ込んだ革装幀、酒井自身に送られてきた軍事郵便を直接表紙に貼り付けた装幀など、随所に酒井の遊び心と本に対する想いが看取されるラインナップとなっております。

会期:2019/8/4(日)〜8/31(水) 13:00〜18:00 ※19:00~24:00も閲覧可能ですが、オーナー不在の場合がございます。詳細は、ウェブサイト右手のfacebookページよりご確認ください。     木曜定休

Tales of tales

-Eriko Fumoto small print -

銅板作家、麓絵里子の小品展。エッチングにコラグラフを併用し、靄を被ったような情景を写し取る。蔵書票も併せて展示予定。

会期:2019/7/7(土)〜7/20(日) 13:00〜18:00 ※19:00~24:00も閲覧可能ですが、オーナー不在の場合がございます。詳細は、ウェブサイト右手のfacebookページよりご確認ください。     木曜定休

紋章の美学

-Coat of Arms 紋章と蔵書票-

蔵書票の起源を語る上で重要な役割を果たす「紋章」。初期の蔵書票は、その殆どが紋章型のデザインであった。紋章と蔵書票の親和性を考察する展示です。

会期:2019/6/9(日)〜6/22(土) 13:00〜18:00 ※19:00~24:00も閲覧可能ですが、オーナー不在の場合がございます。詳細は、facebookページをごご確認ください。     木曜定休

L’exposition d’ciselure par L’euphorique

-Parer le livre, et se parer de livre.「本を装う、本で装う」-

彫金作家、鈴木誠の新作展。書物や仏文学からイマージュされたジュエリーを展示。

会期:2019/5/11(土)〜5/25(土) 13:00〜18:00 ※19:00~24:00も閲覧可能ですが、オーナー不在の場合がございます。詳細は、facebookページをごご確認ください。     木曜定休

-太田博健 路傍の求道者

-face to myself , face to my works.-

木版画家、太田博健の作品展。版を彫るのではなく、魂を刻む。商品ではなく、作品を創る。4/14(日20:00~作家との雑談を実施。参加歓迎。予約不要。

会期:2019/4/6(土)〜4/20(日) 13:00〜18:00 ※19:00~24:00も閲覧可能ですが、推奨は致しません。     木曜定休

-大谷都民版 幻聴放浪記

-Voices from unknown-

多面体作家、大谷都民版の個展。 日々の幻聴を文字に起こした幻聴放浪記を中心として、政治的意図が含有されたコラージュ作品である都民版、その他絵画作品を展示致します。3/17(日)20:00~書斎の妖怪ルネ・シェヴィリコフスキによる劇朗読実施。

会期:2019/3/9(土)〜3/23(土) 13:00〜18:00     木曜定休

-岡田総平 小品展

-covered of unexpressible-

作家岡田聡平の、混合技法(テンペラ・油)による小品展。蔵書票も製作。作家との雑談も予定。詳細は、facebookEventページ参照。
※蔵書票とは、書籍の見返し部分に貼り付け、その所有者を示すために用いられる紙片です。

会期:2019/1/13(日)〜1/26(土) 13:00〜18:00     木曜定休

-前田雄一郎 ペン画&木版画展 2018.12-

-Pen drawing like copperplate by Yuuichiro Maeda-

前田雄一郎による、二度目の個展。今回はペン画のみならず、木版画による蔵書票も製作。
※蔵書票とは、書籍の見返し部分に貼り付け、その所有者を示すために用いられる紙片です。

会期:2018/12/2(日)〜12/15(土) 13:00〜18:00     木曜定休

-Medioevo 中世に還る-

-Rentrez a la moyan age.-

作家、三上柳子による、テンペラ画および銅版画蔵書票展。会期内 (11/13) に、テンペラ画に関連するレクチャーを実施。詳細は、facebookのevent頁を参照。

会期:2018/11/3(土)〜11/16(金) 13:00〜18:00 , 19:00〜24:00 ,     木曜定休
Portfolio

深瀬綾 眼球霊体展

-several eyes is gazing to you

現代芸術家、深瀬綾による、眼球を散りばめたオブジェ展。

会期:2018/10/6(土)〜10/21(日) 13:00〜18:00 , 19:00〜24:00 ,     木曜定休
Portfolio

EX-LIBRIS de l'ecole de Paris

エコール・ドゥ・パリと蔵書票

俗に蔵書票と呼称される、書籍に貼り付けてその持ち主を示す紙片がある。今回は、ジャン・コクトー、レオナール・フジタ、マリーローランサン、アルフォンス・ミュシャ等、エコール・ド・パリを彩った画家たちが製作した、知られざる蔵書票の世界を展示形式で披露する。 また展示に併せて、蔵書票を製作するワークショップを開催。詳細はこちら https://www.facebook.com/events/850122982042766/

会期:2018/9/8(土)〜9/29(土) 13:00〜18:00 , 19:00〜24:00     木曜定休
Portfolio

横山浪漫 切り絵展

-cutting works to books-

イラストレーター・切り絵作家、横山浪漫による、ヴィクトリア期の華やかな写実芸術をテーマに据えた切り絵展。展示にあわせて、作家オリジナルの蔵書票(書籍に貼り付けて所有者を示す紙片)も展示。

会期:2018/8/18(土)〜9/1(土) 13:00〜18:00 , 19:00〜24:00     木曜定休